良い物件と上手な住宅ローンには不動産会社を味方につける

不動産営業マンと上手に付き合えばトクをしあmす。
それは良い物件であったり有利な住宅ローンを組むことが出来るからです。

物件探しから契約、そして最終的な決済引き渡しまで不動産営業マンとは長いおつきあになります。
物件を案内してもらう
物件について詳しい情報を集めてもらう
購入の申し込み後は値段交渉をしてもらう
不動産営業マンの腕次第というところがたくさんあります。
もちろんそれが仲介手数料ですから当たり前っちゃあたりお前なのですが、同じ仲介手数料を払うのでもあまりメリットがない不動産営業マンに当たると悲劇です。

不動産営業マンで「ベテラン」でもダメなこともあるし「新人」でも良い場合があります。
ベテランでも仕事に慣れ過ぎて怠慢(さぼり方が上手)な営業マンも多いのです。
逆に新人の場合はそんなことはあm、あり知らないので一生懸命に情報を集めてくれます。

要はその不動産営業m、案があなたのために一生懸命に動いチェくれるか?どうかで決まります。
不動産営業マンを味方につけることは簡単です。
それは
部っ気rン情報をもらったら必ず返事をすること
なんです。
ほとんどの方がbぬっ兼情報の資料を送ったり届けてもなにも返答は無い方がほとんどです。
それでは不動實偉業マンも
値段が高いのか?
場所が悪いのか?
間取りが悪いのか?
まったくわからないのです。
そうすると不動産営業マンも次にどんな物件を紹介すればいいのか?わからないんです。
そうすると不動實偉業マンは
「なんや!また冷やかし客か?」
と積極的に物件情報を集めてくれません。

物件情報をもらったら必ず返事をする。
値段が高い!
希望する場所が違う!
間取りが悪い!
そんな返事をもらううちにそのお客様のイメージがつかめてくるのです。

意外とお客様の欲しいマイホームのイメージってなかなかすぐにはわからないものなんです。
少なくとも百点満点の物件なんてなかなかありません。
不動産の物件てどこまで妥協するか?
何です。
ですからそのお客様の最優先事項を不動産営業マンに把握してもらうためにも
必ず不動産物件情報を営業マンから貰ったら返事をしてあげてくださいね。
借金を住宅ローンに組み込む方法