お客のつぶやきにこそヒントがある

日頃から売り上げアップを目指す経営者がどうしても机上の理論に振り回されがちです。
高いお金を払ってまでコンサルを受けたりしあtりもしじゃmす。
でもそれって効果があるのでw昇華?
あなたの商売のことも理解していないコンサルタントが高岡的なアドバイスが出せるとは思えません。

経営者にまで登りつめたあなたなたもう現場に出ることも少ないでしょう。
しかし、現場でこそ売り上げアップのヒントが隠されているのです。
だからこそ、スーツを脱ぎ捨ててもう一度現場のユニフォームにそでを通してみて欲しいのです。
それも誰からも社長だと気づかれないようにです。
※もちろん従業員には無理だけれどお客に対してです。

そうするとお客がボソボソっと会話しているのが聞こえてきませんか?

「最近 ここの味 変わったよね」

「もうオーダーしてからだいぶ経つのに遅いわね」

「もうちょっとリョウガアレバイイノニナァ」

「持って帰るのが重くて大変だから、もう少し小さいのあったらいいだよね」

お客の何気ないつぶやきは改善の大きなヒントです。
たとえどんなに無口なお客でもその表情で感想を表しています。

もし、どんな小さなことでもかまいません。
お客の不満に気づいたのならすぐにそれを改善する用意に努めたらいいのです。
一度でも不満を持ったお客は二度とあなたのお店やサービスを受けに来ようなんて思いません。

そんな小さなことの積み重ねが他店との大きな差となってくるのです。

そんなお客のつぶやきを聞いていれば、大きなヒントを思いつくことがあるのです。

例えば吉野家さんの新サービスをご存知ですか?
なにも新しいメニューを考え出したのではありあm線。
実は「大盛」だけでなく「ギガ大盛」さらには「小盛:というさービオスm、あで思いついたのです。
これでかなりの売り上げアップできたそうです。

なにも難しいことばかり考えているだけではいけません。
商売におヒントはすぐ足元にあるのですからね。
介護 声かけ 悪い例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です