ゴミ屋敷の片付けで「疲れない捨て方」は

ゴミ屋敷の片付けはまず膨大な物を捨てること威になります。
そのストレスと労力は予想以上に大変です。
しかもゴミ屋敷にはゴミ以外の物もたくさんあるのです。

そこでゴミ屋敷の片付け前にルールを決めておくことをおすすめします。
例えば
・今年一度も着なかった洋服は捨てる
・本は古本屋に引き取ってもらう
などアイテムごとに「残す」「処分する」を決めておくのです。
そうすることで捨てるハードルも低くなり、効率もかなり上がります。

今は捨てるのも大変です。
お住まいの地域の自治体によってゴミ屋敷の物を処分するやり方も異なります。
一般ゴミの出し方
粗大ゴミの出し方
しっかりと調べておきましょう。
粗大ごみでも
引き取ってくれる物
引き取ってくれない物
その選別も必要です。
また一度に大量に出せない場合もあります。
そんな時は自分でクリーンセンターに持ち込むことも考えなくてはなりません。

また家電などは「リサイクル法で専門の業者に引き取ってもらわないといけません。

ゴミ屋敷の片付けのコツは
まず「すぐに捨てられる物」からとりかかりましょう。
部屋の中にある大量のゴミ
まずは目るごみ
燃えないごみ
を選別して袋詰めしていきます。
すぐに部屋中がゴミ袋でいっぱいにあると思います。
できればゴミ収集日の前日に行うのがおすすめです。
ゴミ収集の日に袋詰めした袋をゴミ収集に出す。
そして、またゴミを選別して袋に詰める
これを数回繰り返していけば、かなりゴミを片付けるためのスペースができると思います。

ゴミ屋敷の片付けではこの空間がとても重宝するのです。

それともう一つのゴミ屋敷の片付けのコツは
玄関まわりから着手することです。
まずは義身を室外に出すのに動線を確保しなければなりません。
せっかくゴミを袋詰めしても室外に出せなければだめだからです。
玄関まわりのゴミを片付けてから徐々に部屋の奥へと片付けをやっていくのです。
意外と袋詰めしたご意味が出せない?
ということに後で気づく方も多いのでご注意ください。
ゴミ屋敷 業者 恥ずかしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です