お肌に良い化粧品にも有害物質はたくさん含まれている

化粧品委は有害物質がたくさん含まれていることをご存知ですか?
例えば
・合成界面活性剤
・防腐剤
・着色料
・香料
・合成ポリマー
などがあります。
これらの化学物質は、その肌のある場面では効果的でも、それ以外では有害なこともあるのです。
そのため厚生労働省でも化粧品に配合する成分ごとにその基準値が定められています。
なぜなら「基準値」を定めておかないと、量が多いと身体に悪影響を与える場合もあるからです。

さらに2001年からは、化粧品に使われている原材料すべてを記載表示することが義務付けられました。
とはいっても一般の方には化粧品のラベルに記載されているカタカナで羅列された表記の文字を見ても何が何やらチンプンカンプンなはずです。
ですからその化粧品になにが含まれているのか?きちんと理解して購入されている方は少ないはずです。
多くの方は
「一流メーカーだから安心して大丈夫」
「みんあがつかっているから大丈夫」
と考えがちです。
しかし、それは間違いです。
何も知らずに有害物質を大事なお顔に丁寧にお肌に塗りこんでいるのです。
そもそも化粧品にはなぜたくさんの化学物質が配合されているのでしょうか?
それは
①使い勝手を良くするため
②腐らないように長持ちさせるため
③価格を安く抑えるため
です。
それは利用者のニーズにも合っているから仕方ないかもしれmせん。
「化粧品は簡単に使えるものいい」
「取りあtる買いが楽なものがいい」
「長持ちするのがいい」
「出来るだけ安い物がい」
損あ消費者に要求と企業の利益が一致して、化学物質がたくさん化粧品に配合されているのです。
ですから
「大事な顔につけるものなのに有害物質が入っているなんて!」
と怒ってはい置けません。
それを望んでいるのは消費者である私たちでもあるからです。

それに対する対策は私たち自身がもっと化粧品に含まれている原材料や成分についてしっかりと勉強し、その有害物質の効能やデメリットを知っていかなければいけません。
クリアネオ

徘徊高齢者を探し出すシステムやネットワークがある

徘徊は顔z九の負担がとても大きいものです。
自分で自宅に帰れなくなってしまった認知症の高齢者の対応はどうすればいいのでしょうか?
家族からすれば
暑い時期なら熱中症や脱水症状はなっていないか?
寒い時期なら薄手のセーター一枚で出て行ってしまって凍えていないか?
もういてもたってもいられません。

一度徘徊をしたお年寄りのいるお家では
玄関のドアにベルを付けて、出かけるのをわかるようにしたり
靴のかかとなどに連絡先を書いたシールを貼っておいて万が一の時にはすぐに連絡が来るようにしておく
などなど様々な工夫を皆さんされていますが、それで徘徊がなくなることはありません。

「見かけたら連絡をください」
と近所の人や本人が立ち寄りそうな場所に予め協力を依頼しておくのもいいかもしれません。

ご家族の中には親が認知症なことを恥ずかしがって隠したりされる方も少なくありません。
でも、今は昔とちがい、認知症の理解が進んでいますから決してそれが恥ずかしいことではありません。

徘徊高齢者を探し出すシステム

市町村の中には行方が分からなくなった高齢者をGPS位置情報で探し出し、家族に連絡してくれる「徘徊高齢者探索サービス」があるところもあります。
このサービスを利用するには本院い携帯電話を持たせる必要があります。
嫌がる場合はさりげなく衣類のポケットに忍ばせたり、外からわからない場所に縫い付けてお行く方法もありあmす。
また地域によっては「入会高齢者SOSネットワーク」という
行方がわからなくなった高齢者を警察署や地域の日宇都が協力して捜索するシステムがあります。
予め本人の特徴などの情報を登録し、行方不明になった関係機関威連絡がいくものです。
早期に発見され、無事に保護される可能性を少しでも高めるのに役立ちます。
お住まいの地域でこのようなサービスがじっしされていないか?
市町村の高齢福祉課などの窓口で相談してみましょう。
認知症 GPS キーホルダー

日焼け止めクリームがお肌に与える悪影響のことも知っておこう

紫外線には真皮まで届きてしまうA波というものがあります。
これがいわゆるお肌の「光老化と呼ばれる現象を引き起こします。
「光老化」とは言葉の通り「太陽光による肌の老化」のことですい。
真皮が太陽からの紫外線によって傷つけられて
コラーゲンの断裂
頑なった不良のエラスゲンが増加
これらがお肌のしわやたるみの下人位なります。

そこでみなさん太陽からの紫外線対策に使うのが「日焼け止めクリーム」です。
しかしこの日焼け止めクリームにはおp肌には決していいとは言えない界面圧政剤も配合されていますン。
特に遮光効果を出す紫外線吸収剤は散乱剤よりも強力な刺激があるものが多いです。
ですから日焼け止めクリームがあまりお肌によくないことも知っておきましょう。
できれば日焼け止めクリームよりも
UVカットの帽子をかぶったり
日傘をさしたりして
日中の紫外線から防御するほうがお肌にとっては優しいことなのです。

紫外線をもっとも浴び尾安野がお顔

身体はいつも衣類を着ていますから、比較的紫外線からは守られています。
また腕や足なども紫外線対策用のグッズがたくさ塗りだされています。
困るのはお顔です。
私の暮らす大阪の下町ではまるで「戦隊もののヒーロー」みたいなサングラス素材の仮面をかぶっているおばちゃんがたくさんいます。
さすがに「あばちゃん、そこまでせんでももうエエやろ」とおもうのですが、女性はいくつになっても綺麗で痛いのです。

話はそれましたが
お顔に紫外線をたくさん浴びすぎる怖いのが「肝斑:です。
肝斑とは主に頬骨のあたりにできるもやっと試着炭で、30代以上の女性によく現れます。
肝斑の下人はホルモンバランスの影響もあると言われていますが
・紫外線
・過度の化粧やスキンケア
も大きく関係しています。

ですからやはり暑い季節に外に外出する場合はUVカットの防止や日傘
さらにお肌には悪影響があるとしてもやはり日焼け止めクリームを使った方がいいかもしれません。
ピンキッシュボーテ 販売店