日焼け止めクリームがお肌に与える悪影響のことも知っておこう

紫外線には真皮まで届きてしまうA波というものがあります。
これがいわゆるお肌の「光老化と呼ばれる現象を引き起こします。
「光老化」とは言葉の通り「太陽光による肌の老化」のことですい。
真皮が太陽からの紫外線によって傷つけられて
コラーゲンの断裂
頑なった不良のエラスゲンが増加
これらがお肌のしわやたるみの下人位なります。

そこでみなさん太陽からの紫外線対策に使うのが「日焼け止めクリーム」です。
しかしこの日焼け止めクリームにはおp肌には決していいとは言えない界面圧政剤も配合されていますン。
特に遮光効果を出す紫外線吸収剤は散乱剤よりも強力な刺激があるものが多いです。
ですから日焼け止めクリームがあまりお肌によくないことも知っておきましょう。
できれば日焼け止めクリームよりも
UVカットの帽子をかぶったり
日傘をさしたりして
日中の紫外線から防御するほうがお肌にとっては優しいことなのです。

紫外線をもっとも浴び尾安野がお顔

身体はいつも衣類を着ていますから、比較的紫外線からは守られています。
また腕や足なども紫外線対策用のグッズがたくさ塗りだされています。
困るのはお顔です。
私の暮らす大阪の下町ではまるで「戦隊もののヒーロー」みたいなサングラス素材の仮面をかぶっているおばちゃんがたくさんいます。
さすがに「あばちゃん、そこまでせんでももうエエやろ」とおもうのですが、女性はいくつになっても綺麗で痛いのです。

話はそれましたが
お顔に紫外線をたくさん浴びすぎる怖いのが「肝斑:です。
肝斑とは主に頬骨のあたりにできるもやっと試着炭で、30代以上の女性によく現れます。
肝斑の下人はホルモンバランスの影響もあると言われていますが
・紫外線
・過度の化粧やスキンケア
も大きく関係しています。

ですからやはり暑い季節に外に外出する場合はUVカットの防止や日傘
さらにお肌には悪影響があるとしてもやはり日焼け止めクリームを使った方がいいかもしれません。
ピンキッシュボーテ 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です