徘徊高齢者を探し出すシステムやネットワークがある

徘徊は顔z九の負担がとても大きいものです。
自分で自宅に帰れなくなってしまった認知症の高齢者の対応はどうすればいいのでしょうか?
家族からすれば
暑い時期なら熱中症や脱水症状はなっていないか?
寒い時期なら薄手のセーター一枚で出て行ってしまって凍えていないか?
もういてもたってもいられません。

一度徘徊をしたお年寄りのいるお家では
玄関のドアにベルを付けて、出かけるのをわかるようにしたり
靴のかかとなどに連絡先を書いたシールを貼っておいて万が一の時にはすぐに連絡が来るようにしておく
などなど様々な工夫を皆さんされていますが、それで徘徊がなくなることはありません。

「見かけたら連絡をください」
と近所の人や本人が立ち寄りそうな場所に予め協力を依頼しておくのもいいかもしれません。

ご家族の中には親が認知症なことを恥ずかしがって隠したりされる方も少なくありません。
でも、今は昔とちがい、認知症の理解が進んでいますから決してそれが恥ずかしいことではありません。

徘徊高齢者を探し出すシステム

市町村の中には行方が分からなくなった高齢者をGPS位置情報で探し出し、家族に連絡してくれる「徘徊高齢者探索サービス」があるところもあります。
このサービスを利用するには本院い携帯電話を持たせる必要があります。
嫌がる場合はさりげなく衣類のポケットに忍ばせたり、外からわからない場所に縫い付けてお行く方法もありあmす。
また地域によっては「入会高齢者SOSネットワーク」という
行方がわからなくなった高齢者を警察署や地域の日宇都が協力して捜索するシステムがあります。
予め本人の特徴などの情報を登録し、行方不明になった関係機関威連絡がいくものです。
早期に発見され、無事に保護される可能性を少しでも高めるのに役立ちます。
お住まいの地域でこのようなサービスがじっしされていないか?
市町村の高齢福祉課などの窓口で相談してみましょう。
認知症 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です