お肌に良い化粧品にも有害物質はたくさん含まれている

化粧品委は有害物質がたくさん含まれていることをご存知ですか?
例えば
・合成界面活性剤
・防腐剤
・着色料
・香料
・合成ポリマー
などがあります。
これらの化学物質は、その肌のある場面では効果的でも、それ以外では有害なこともあるのです。
そのため厚生労働省でも化粧品に配合する成分ごとにその基準値が定められています。
なぜなら「基準値」を定めておかないと、量が多いと身体に悪影響を与える場合もあるからです。

さらに2001年からは、化粧品に使われている原材料すべてを記載表示することが義務付けられました。
とはいっても一般の方には化粧品のラベルに記載されているカタカナで羅列された表記の文字を見ても何が何やらチンプンカンプンなはずです。
ですからその化粧品になにが含まれているのか?きちんと理解して購入されている方は少ないはずです。
多くの方は
「一流メーカーだから安心して大丈夫」
「みんあがつかっているから大丈夫」
と考えがちです。
しかし、それは間違いです。
何も知らずに有害物質を大事なお顔に丁寧にお肌に塗りこんでいるのです。
そもそも化粧品にはなぜたくさんの化学物質が配合されているのでしょうか?
それは
①使い勝手を良くするため
②腐らないように長持ちさせるため
③価格を安く抑えるため
です。
それは利用者のニーズにも合っているから仕方ないかもしれmせん。
「化粧品は簡単に使えるものいい」
「取りあtる買いが楽なものがいい」
「長持ちするのがいい」
「出来るだけ安い物がい」
損あ消費者に要求と企業の利益が一致して、化学物質がたくさん化粧品に配合されているのです。
ですから
「大事な顔につけるものなのに有害物質が入っているなんて!」
と怒ってはい置けません。
それを望んでいるのは消費者である私たちでもあるからです。

それに対する対策は私たち自身がもっと化粧品に含まれている原材料や成分についてしっかりと勉強し、その有害物質の効能やデメリットを知っていかなければいけません。
クリアネオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です