ペットと共存とは・・・

昨今、ペットブームと言われる時代に加え新型コロナウィルスが流行り外出自粛が長く続き自宅にいるからペットを迎え入れようとする人が増えた。

今までは会社勤めでペットを飼うという事など頭にもなかった生活をしてきたけれど、ステイホームにオンラインでの仕事、リモートワークがメインになってきて多くの方がなぜかペットを飼うという選択をしている。

ペットショップはにぎわっており、かなりの方がコロナが流行りだしてからペットを飼いだした。

子供の学校も休校になり子供の相手にとペットを購入する家庭が増えた。

そこには、何故か一抹の不安があった。

何故なら、おもちゃを買い与えるような感覚になってはいないか?と思えるほど軽い気持ちでペットショップから購入している家族を見ると心配で仕方ない。

ペットショップで買われていった動物たちが・・・

大事に大事に家族として最後の時まで寄り添ってくれたらいいけど・・・

やはり不安的中を確信したのはそんな自粛生活が続いて半年ぐらいたったころだろうか。

ニュースで、コロナで子供の相手にとペットを迎え入れたけど、結局いう事聞かないし、世話が面倒、散歩にも行かなければいけないし、などの理由で保健所に持ち込まれるペットが数倍に膨れたそうです。

やはり・・・。そのペットの行く末を分かって保健所に持ち込んだんだろうか。何十万も出して購入して簡単に要らなくなったらポイッ。そんな人間の感情が退化してきていると言わざるを得ない状況だと感じた。

大事な命だし、かけがえのない家族になったのだから何故最後まで責任を果たすことをせず飽きたから・めんどくさくなって・などの感情で簡単にもういらないと出来るのだろうか。

だからこそ、ペットの購入にはもっと規制をしなければいけないと思うし、なにか罰則規定や法律改正をしてもらわないと処分された子たちの命が無駄になってしまう。

我が家には保護した子たちがにぎやかに暮らしている。贅沢な生活はできないけれど、外で不安と空腹を危険の中でいるよりは猫・犬生を謳歌させていると思う。

ペットの環境より、人間を規制しなければいけないのかもしれない。
ドクターデンタルワン 副作用

男には敏感さが、女性には鈍感さが足りません

男と女に感受性の差はとても相性において大切です。
つまり男性は女性が気付いて欲しいポイントには気づかず、
女性は男性が気付いて欲しくないポイントに気づくものなのです。
そこに男と女御パイ賞の良さが現れてきます。

鈍感な男性には敏感な女性のほうが相性が抜群です。
しかし、鈍感な男性に鈍感な女性
あるいは敏感な男性に敏感な女性
ではその相性は必ずしも良いとはいえません。

男女間の関係を円滑に進めるには
男性の敏感さ
女性の鈍感さ
これが相性抜群なのです。
言い換えれば
気づいて欲し女性と
気づいて欲しくない男性
これが絶妙なのです。
しかし、これにもある程度の限度も大事です。
あまりに敏感すぎる男性ほど女々しくなります。
あまりに鈍感すぎる女性ほどオッサン化してゆきます。

男性は敏感になりすぎず
女性は敏感になりすぎず
その塩梅(あんばい)が大切なのです。

えてして男性には美bンb監査がありません。
えてして女性には鈍感さが足りません。

女性が好きな男性のために髪を切ったり、マニュキュアの色を変えたことに気づかないのが男です。
男性は自分お好きな女性には自分のダメな所には気づいて欲しくはないのですが、これに素早く気づいてしまうのも女性です。

だかrたこそ円満な男女関係を築き上げるには少し時間も必要になてきます。
たくさん話し合って
たくさん喧嘩もして
その過程を経て
男性には敏感さが培われ
女性には鈍感さが培われていくのです。

良い例が長年連れ添ってきた夫婦の姿です。
夫は妻の期限が悪くならないように、髪を切ったり洋服を買えたりしたことに気づくようになってきます。
妻は夫の機嫌が悪くならないように、ダメなところはあえて知らぬふり、見て見ぬふりを澄ます。
これがある意味で夫婦円満の秘訣かもしれません。

男性のあなたは敏感い女性の変化に木づkています以下?
女性のあなたは男性の粗探しばかりしていませんか?
100点満点の男も100点満点の女性もまあいません。
だからこそ、この点には気を付けたいところです。
チャットレディ アドバイス