訪問リハビリは要介護者、その家族、ヘルパーを指導する

訪問リハビリテーションでは、病院や介護老人保健施設の機能訓練指導員が
・要介護医者
・家族
・ホームヘルパー
へのリハビリテーション
への指導を行います。
医学的管理下におけるリハビリが必要な要介護認定者の多くは
・病状が案的にある
・に恩地省による精神障害を持つ
・脳血管疾患などによるい運動障害に後遺症を持つ
人たちです。

主治医や専門家がまとめリハビリ実施計画書にもとづいて
①運動療法
※日常生活の動作訓練
②物理療法
※電気刺激やマッサージ
③温熱療法
※患部や関節などを温める
などの理学療法があります。

この他に作業療法というも尾もあります。
これは
・農耕
・畜産
・園芸
・手芸
・木工
などの適当な作業を通じて応用的な動作能力の回復や社会適応能力の回復を目指すものです。

介護リハビリでは回復した機能の維持に重点が置かれています。
それと比較して医療リハビリは機能回復に重点を置いています。
このあたりは大きく異なる点です。
要介護1~5の方は訪問リハビリで
要支援1~2の方は介護予防や訪問リハビリ
となります。

訪問リハビリとは別に通所リハビリはあります。
訪問リハビリとは別に通所リハビリの違いをまとめておきます。

端的に言えば、通所リハビリは施設に通ってリハビリを行いますが、訪問リハビリは在宅でリハビリを行うものです。

訪問リハビリは利用者の自宅で受けるリハビリです。
ですので利用者は自分一人だけなのです。
一方、通所リハビリでは、他の高齢者や要介護者などとと一緒に集団でリハビリが行われることもあります。
訪問リハビリのメリットは
・通院時間や費用の節約
・マンツーマンのきめ細かいリハビリ
・在宅でリラックスしてのリハビリということがあります。
しかし
・リハビリの機器や手段が限られる
・プライバシーの管理が必要
・他の利用者との交流の機会がない
というでめりっともあります。

通所リハビリのメリットは
専用機器などリハビリ環境が整っている
・他の利用者と交流する機会がある
・食事・入浴などのサービスを受けられる
しかし
・個々の利用者への配慮など個別対応に限界がある
・日常生活に即したリハビリを受けられない
・利用者の肉体的な負担が大きい
というデメリットもあります。
介護ソフト 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です