Butt のすべての投稿

安さだけで食材を選ぶのはかえって節約にならない

食費を節約したい!
そう考えてみんな激安スーパーに安い食品を求めて購入したり、まとめ買いしたりという方法をといる方がほとんどです。
でも、それが必ずしも食費の節約になっていないこともあるのです。
なぜなら安い食材は安いなりの理由があるからです。
たとえばマヨネースやkちゃっぷなどは誰もが使う調味料ですが、同じ商品でもメーカーごとに値段も異なりますし、ある商品だけが特売のこともあります。
どれを買うか迷った場合には節約という点からはどうしても安い商品を選びがちです。
しかし、パッケージの裏をよく見ると印刷されている原材料は、価格の安い商品いは漢字・カタカナ・アルファベットなど何行にもわたって羅列されていることがよくあります。
一方、価格の高い商品いは馴染みのある食材の名称のみが記載されていあmす。
この暗号のような文字の正体は、食品店株うtのことが多いです。
この食品添加物に私は特に気にしています。
食品添加物はまるで魔法の粉のように私は感じています。
食品を長持ちさせる
色や形を綺麗にする
品質を向上させる
味を良くする
コストを下げる
それが食品添加物を混ぜる理由です。
この食品添加物を長期間摂り続ける弊害のほうが私には価格よりも怖いのです。

私は健康でいつづけることのほうが節約であると考えています。
万一健康を損ねてしまうことがあれば、それこそ医療費の支払いのために節約で貯めたなけなしのお金が出ていてしまいます。

ですから」食材の購入の際にはパッケージの裏面をよく見て、原材料の中身をチェックして納得したもの中から価格の安いものを選ぶのが本当の節約ではないでしょうか。

このような視点から食材のこうにゅを続けているとある程度購入する商品が決まってくるものです。
その商品が安い時に買いだめするのが本当の節約ではないでしょうか。
値段が安い食材にはそれなりの理由があることだけは知っておいてください。
学生時代の数年間だけならまだしも、育ち盛りの子供には長期間そんな食材は食べさせたくありません。
カナダグース クリーニング 失敗